--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.10.30 16:11|旅行
アルバムを見返してみると、裏筑波から筑波山に登ったのは、ちょうど20年前の1996年2月3日だった。裏筑波からの登山コースは3つある。

1.旧ユースホステルから御幸ヶ原へ(深峰遊歩道)
2.筑波高原キャンプ場から女体山へ(三本松線)
3.つくばね国民宿舎から、つつじヶ丘を通って女体山へ

  特に旧ユースホステルや筑波高原キャンプ場からの登山は、道程が短く1時間くらいで登れる。余りにもあっけないので、登山口までさらに下から徒歩で登ってくるひとが多いとか。前回は、旧ユースホステルから上ったので、今回は三本松線にしました。


  ところが、つくばね国民宿舎から筑波高原キャンプ場へ車で行こう思っていましたが、何と道路の状態が余りにも荒れていて、徒歩を余儀なくされました。道路の様子は国民宿舎の受付で聞いてみましたら、先日ジャフを呼びましたとのこと。やめた方がよいとのことだった。国民宿舎に車を置き、高原キャンプ場までの2.4km、だらだらとした登りの林道を約1時間歩きました。


                                         
                 つくばね国民宿舎【以下、写真クリックで拡大します】



  林道は、下のように雨で侵食されていました。

 
                                
                国民宿舎から筑波高原キャンプ場までの侵食された林道



  なだらかな登りの林道。冗長だけど人気がなく自然と融和。登山口まで2.4km。


                    なだらかな登り。2.4km続きました。


  登山口の筑波高原キャンプ場まであと400mのところまでの分岐点。裏筑波野営場とは、古風な言い方である。湯袋峠からゆったりと歩いてくる人もいるようです。


                     湯袋峠への分岐点。登山口まで400m

  キャンプ場の駐車場に到着。本来は、ここまで車で来る予定でした。つくばね国民宿舎とは逆の真壁の方からだと車で来ることが出来ることがわかりました。


                        筑波高原キャンプ場駐車場

  筑波高原キャンプ場からの真壁方面の景観。裏筑波からの登山で、唯一景色の良いところでした。ここから頂上まで景色は全く見えませんでした。


                     筑波高原キャンプ場からの眺望



                   キャンプ場にあるロッジ。頂上まで1.6km




                        登山道の杉林




                       頂上まで、あと900m




                         頂上まで500m




                         頂上近くの笹道




                       頂上直下の苔むす大木




                           女体山近くに到着

 

                       女体山山頂からつつじヶ丘方面の眺望



                女体山山頂から、つくばね国民宿舎を見る(左側)




                         女体山山頂記念撮影



  今回、下りで木の根っこで足を滑らせ、左足を捻挫。幸い下山できましたが、結構危うい目にあいました。皆様も木の根っこに足を取られないように気を付けて下さい。


  今日の裏筑波登山の総括を動画にしてみました。

            画像をクリックすると動画(YouTube)へ飛びます





スポンサーサイト
2016.04.20 16:52|旅行

  昨日、2016年4月19日は、忙しい一日でした。朝8時30分に高崎の森へ八重桜見物に出発、10時よりピーマン、パプリカ、万願寺トウガラシなどの定植、午後からは東京駅で同期会と、めったにない充実の日でした。

  昨年は、まともな八重桜を見学できなかったので、本年はリベンジを誓い、イザ!高崎の森に乗り込みました。最初に目に入った八重桜は、花が散った状態、「遅かったか」と思わず叫びました。  


01.JPG
                               【写真をクリックすると拡大します】


  枝垂れ桜も花がまばらの状態でした。

01a.JPG



  ところがです。奥に行ってみると、何と見事な満開のボタン桜の木々が。

02.JPG



  あとは、ただただボタン桜をめでて、写真をパチパチ。ここにも、だまってたくさんの写真をアップします。

03.JPG


04.JPG


04a.JPG


05.JPG


06.JPG


07.JPG

 

 

  新緑のカエデもまばゆく・・・・・・


08.JPG


10.JPG


11.JPG


12.JPG


13.JPG

 

 

  可憐なスミレもありました。


14.JPG








  こうして、八重桜(ぼたん桜)を満喫することが出来ました。

2016.04.11 07:04|旅行

  3年ぶりに、つくばみらい市の福岡堰に桜を見に行ってきました。福岡堰は、小貝川に並行する用水路のために作られた堰です。長い堤防の路に植えられた桜が満開でした。

03.JPG
                               【写真をクリックすると拡大します】


04.JPG




05.JPG

 

 

  小さかった枝垂れ桜も立派になっていました。

 

06.JPG


07.JPG

 

 

  桜並木は圧巻でした。

 

07a.JPG


08.JPG


09.JPG

 



  風が吹くと、チラホラと花吹雪が見られました。


10.JPG



  休耕田の中で大木になった木には、花房がいっぱいです。

12.JPG



  ソメイヨシノとは異なる種類の桜の花もきれいに咲いていました。

13.JPG



  白っぽい花の桜もきれいでした。

14.JPG



  道沿いには、スミレの花が、

01.JPG



  たくましいタンポポも、あちらこちらに花をつけています。

02.JPG






 

2016.02.08 17:13|旅行
  2016年2月7日(日曜日)、裏筑波登山を計画した。しかし、登山口の旧ユースホステルまでの道が雪のため通行禁止だったため断念。急きょ、つつじヶ丘ルートからの登山に変更。このルートも雪のため苦戦しました。頂上での熱々のスープ、お餅、シュウマイは格別でした。下山は滑る危険があったので、ケーブルカーにしました(ロープウェイは休業)。 下山後、真壁の雛人形見物に行きました。お土産は、もちろん村井酒造の日本酒でした。

【追記】当日の行程のGPSログを取っていましたので、ルートラボに展開しました。
      http://yahoo.jp/iKfDz3 で行程を見ることが出来ます。

P1050857.JPG

 

             写真を左クリックすると拡大します。+を左クリックすればさらに拡大。その状態で右クリックして【名前を付けて画像を保存】すれば高解像度で写真をダウンロードできます。

 

P1050859.JPG


P1050861.JPG


P1050863.JPG


P1050864.JPG


P1050865.JPG



P1050870.JPG




P1050874.JPG

 

 

P1050883.JPG


P1050884.JPG


P1050885.JPG


P1050886.JPG


P1050887.JPG


P1050888.JPG


P1050889.JPG


P1050890.JPG



P1050892.JPG



P1050894.JPG


P1050895.JPG


P1050896.JPG
                              樹氷

P1050897.JPG



P1050899.JPG
                          女体山、山頂から



P1050906.JPG
                              熱々のお餅も絶品
 
P1050907.JPG
                          熱々の崎陽軒シュウマイも絶品でした


P1050909.JPG



P1050912.JPG


P1050914.JPG


P1050916.JPG
                            福寿草が満開でした


  ここからは、真壁の雛祭りの風景です。


P1050923.JPG
                          雛人形。これは江戸時代のものか?

P1050924.JPG


P1050925.JPG


P1050926.JPG
                       左側:古い呉服店。 右側:震災改修した蔵

P1050927.JPG
                          おなじみの二階雛

P1050928.JPG








2015.05.10 18:42|旅行
  ひたち海浜公園にネモフィラを見に行ったのは2015年4月29日でした。これで、3年連続で行ったことになります。何故ネモフィラに魅せられたのでしょうか。それは、花の色の意外性です。次の写真のように、ネモフィラの花が青空と一体化して、別世界へ行ったような感覚を覚えるからです。


02.JPG



  今でこそ慣れましたが、最初に空とネモフィラ群の一体化を経験したときは、びっくりしました。今年は、新たに白色の花で鳥を描いていましたが、あまり良い企画とは思えませんでした。

03.JPG




  ひたち海浜公園の魅力は、なんと言っても下写真のように広い野原があることでしょう。市民が思い思いの姿で遊んでいます。この野っ原で一日中寝そべっていたいと思います。

01.JPG




  ネモフィラに焦点を合わせみると、以外と可愛らしい花でした。

04.JPG




05.JPG




  植えられたネモフィラが何10万本だとか。それに負けずに多かったのはヒト人の群れでした。

06.JPG




07.JPG




  遠くから、青空と一体化するネモフィラの丘の写真をもう一枚。

08.JPG




  ひたち海浜公園のもう一つの魅力は、チューリップの花たちです。4月29日は、もう遅い時期でした。おそらく4月初旬は最高だったでしょう。それでも、多くのチューリップ達が我々を迎えてくれました。

09.JPG




10.JPG




11.JPG




12.JPG





  そして、公園の近くにある、那珂湊の魚市場も大きな魅力の一つです。そこで、にぎり寿司を食べて、お土産を買います。

13.JPG




14.JPG




  市場内には、魚の加工も行っています。この写真は、サンマのミリン干しでしょうか。

15.JPG




  市場内では、生牡蠣を食べることも出来ます。これは、絶品です。

16.JPG




  以上、ひたち海浜公園のネモフィラとチューリップ、そして那珂湊の魚市場のレポートでした。



10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

プロフィール

洋ネコのまるちゃん

Author:洋ネコのまるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。