--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.15 15:47|家庭菜園
フェイジョアを植えて3年目になる。昨年から花を付けはじめ、今年初めてたった1個の実が生った。植えたフェイジョアは3種類。マンモス、クーリッジ、アポロを1本づつ植えてある。3年で高さは1.7mになっている。実をつけたのはアポロ品種である。収穫といっても落下防止のために袋で吊っていたものが、袋の中に落ちたのである。重さは75g、大きさは約7×5cmで、小型のキュウイくらいである。リンゴの中にいれて熟させよう。


スポンサーサイト
2009.11.14 22:29|家庭菜園

暖かい日であった。11月の半ばというのにコート要らずとは不思議である。昔、福岡に住んでいた頃、大相撲九州場所の時期は大変寒かった。

雨が上がったので菜園で野菜の取り入れをした。カリフラワーとブロッコリー、キャベツが大豊作である。何れも種から育てたものだ。とにかく大きく育った。これだけのものを二人家族では食べられるわけがない。娘のところへ10種類の野菜を大きなダンボールに詰めて送った。受け取る方もキット迷惑と思う。




2009.11.13 23:53|PC

ネットで発注していた500GBのSATA 2.5インチHDDが届いたので、早速LL750/TGへ換装することにした。元のHDDは320GBでC:領域に83GBもPartitionをとっており、データ領域として使用しているE:領域が197Gとかなり窮屈であるからだ。ご丁寧にもDtoD領域が20GBもあり、これもE:領域を狭くしている。再インストール用のRecoveryDVDは作成済みなのでDtoD領域も削除してしまうことも目的とした。

 クローン化は最初AcoronisのMigrateEasy7で試みた。AcronisのRecoveryCDを立ち上げると無事立ち上がった。ところが500GB HDDを認識させる段階でエラーが出現。7に対応していないことが判った。サポートサイドを調べたが何もなかった。そこでQosmioで成功して信頼感があるParagon Drive Backup 9 Proを使うことにした。まずSATA-USBケーブルでPCに接続した500G HDDをNTFSでFormatしたものをPCへ装着し、ParagonのRecoveryCDで立ち上げる。あらかじめ元HDDのPartitionを外付けUSB-HDDへバックアップしてあったArchiveファイルを復元した。Qosmioと違い、NECのノートPCはParagonのRecoveryCDでHDDを認識できた。不思議なことにRecovery-USBメモリーではBIOSをいじっても立ち上がらなかった。復元後、無事7が立ち上がった。

問題点がひとつあった。元が320GBであったので500Gへの復元後のPartitionはC:が110G、E:が240Gとなっており、C:領域が異常に大きくなっていた。Partitionを自由に変更するソフトをWebで探すと、FreeのソフトでEaseusのPartition Masterなるものが見つかった。7にも対応とあったので早速使ってみた。C:を50Gに設定して残りをE:領域とした。設定はマウスで簡単に出来る優れたソフトである。Partitionは簡単に変更出来た。起動もうまく行った。

 次はDtoD領域を削除可能かどうかをテストした。事前にParagonでバックアップを取っておき、コントロールパネルのコンピュータの管理でDtoD領域を削除した。Partition Masterを立ち上げ空白になった領域をE:領域に接合させ、ソフトを起動させると一瞬で完了。無事7が起動した。Partition Masterは優れたソフトである。




2009.11.12 18:24|家庭菜園
昨年よりまた小豆の栽培に挑戦している。以前にも栽培してみたが実が入らない結果となり、しばらく栽培していなかった。

昨年は、約10mの1畝に直播きをした。種豆を5粒づつ、50cmの間隔で種まきした。発芽、生長ともに順調であったが、1箇所に4〜5株が密集して生長し、収拾がつかないほどのジャングル状態になってしまった。花も順調に咲いたが、密集したため虫がサヤに多く入ってしまった。花の咲く頃、スミチオン乳剤1000倍を殺虫剤として散布したが、密集のためにほとんど効き目がない様子であった。結局、総収量は約800gであった。サヤから豆を取り出す時、多くの虫と出会って、薄気味悪い経験をした。最後はサヤごと3日間冷凍し、再び乾燥して豆を取り出した。そうすることによってサヤを剥いたとき、虫が動かず「ドキリ」とせず安心できる。それでも収穫した多くの豆が穴あきであった。ぜんざいにして食べたが柔らかくておいしかった。

今年は、種を2粒ずつ連結ポットに蒔いて移植した。昨年の経験から株間を70cmと広くとった。直播に比べて生長は良くなかったが、牛堆肥を多く鋤き込んだためか大きな株になった。順調に開花した時期にオルトラン1000倍乳剤を散布した。昨年ほど密集していなかったので散布は容易であった。サヤの出来は昨年より大型で虫つきも少なかった。それでも収穫時サヤから虫が多く出てきた。サヤから取り出した豆の中にも虫が混入していたので、取り出した豆を密封して3日間冷凍して殺虫した。冷凍庫から出した豆は一週間充分に天日で乾燥させた。収量は2.6kgと大収穫だった。家では食べきれないので、これから甘党の友人を選別して送る予定。


2009.11.11 23:35|PC
新しいノートPCであるNEC LL750/TGを使ってみた。やはりVistaは起動が遅いし、アプリの動きも一瞬のラグタイムが感じられる。シャットダウンにもかなりのストレスが感じられる。再起動になると「ヤッテラレナイ」。もしかしたら、プリインストールされているウィルスバスターが原因かもしれない。

Qosmio F30で使用していたアプリケーションを一通り再インストールした。頻繁に使用するソフトは地図(Zenrin Zi12、Navin'You)MS-Office(Word, Excel, Access)、動画/映像ソフト)を優先して行った。そして膨大なデジカメやビデオデータを移行させた。

導入ガイドのキットを使ってUpgradeにとりかかった。マニュアルに従い、
・手動でのアプリケーションとドライバーのアンインストール。途中で再起動が度々あり冗長さは我慢の限界に達した。
・導入ガイドDVDを起動させて事前アップグレードに入った。ここでもアプリやドライバーのアンインストールがあり、再々の再起動操作に閉口した。
・つぎに7アップグレードDVDに差し替えアップグレード本番に入る。
・それが終わると再び導入ガイドDVDによるアプリやドライバーのインストールがあり、冗長さも最高潮。合計3時間余りかかった。

7を起動させると、Vistaの半分くらいの時間で立ち上がった。画面もVistaよりきれいであった。ところが、プレインストールされているはずのラベルマイティを試用しようとしたが見つからない。あれこれ調べてみるとVistaの時に手動でインストールしておく必要があったみたいだ。ラベルマイティは絶対に使うアプリなので、Vistaの復元を行うことにした。

7のアップグレード版はこういう時には不便である。Vistaの再インストールから始めなければいけないのだ。合計5時間くらいかけて7へのアップグレードまで行った。ところが、うまく7が立ち上がらない。再度Vistaから再インストールしてくれとのエラーメッセージ。

また振り出しに戻り5時間かけてVistaの再インストールと7へのアップグレードを行う。今度はうまく7が立ち上がり、所望のラベルマイティも無事使えた。合計12時間はこれらの作業に付きっ切りであった。こんな面倒な作業は2度と行いたくないので、クローンHDDを作ることに決めた。500GBのSATA-HDDをネットで注文した。日立製で価格は7,500円であった。


10 | 2009/11 | 12
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カレンダー

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

プロフィール

洋ネコのまるちゃん

Author:洋ネコのまるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。