--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.26 10:46|PC
先日のWindows Vistaにつづき、NECノートPC LL750/TG6BをWindows 7にUpdateしたものにDVD MovieWriter 7をインストールして使ってみた。Vistaの時にいろいろ苦労したポイントを踏まえてインストールしたが、これまた途中でストップしまった。最終的には使えるようになったので、そのポイントを記しておく。

PC LL750/TGをWindows 7にUpdateした。UpdateはNEC優待版を使用した。
 1.競合ソフトの影響を避けるため、コントロールパネルより次のソフトを削除。
   1)ウィルス対策ソフト
   2)Edy Viewer
   3)Flip Viewer
   4)Smart Photo (SQL Serverも含む)
 2.システム構成の中の、
   1)ServiceのMSサービスを隠して、全て無効。
   2)StartUpの全てを無効。
  システム構成はDVD MovieWriter 7 をインストールして試験するまで、このまま
 3.バンドル MovieWriter for NECを削除し、Program Files中のCorelフォルダを削除。
 4.regedit で
   1)[HKEY_LOCAL_MACHINE] - [SOFTWARE]のUlead Systemsを削除
   2)[HKEY_CURRENT_USER] - [SOFTWARE]のUlead Systemsを削除
 5.DVD MovieWriter 7をインストール

 6.Updateパッチを当てるhttp://www.corel.com/servlet/Satellite/jp/jp/Content/1216666059915
   1)DVD MovieWriter 7 アップデートプログラム(2008.10.17)
      dmf7_3in1_patch.exe
   2)DVD MovieWriter 7 アップデートプログラム(2009.11.04)Vistaの場合はしない。
      DMF7_Corel_EN_JP_CT_patch.exe

以上が、Vistaで行った方法である。この方法でDVD MovieWriter 7 を立ち上げ、Blu-rayスライドショーの作成を試みたところ、2/3ステップ(Preview)から次へ移行しようとしても3/3ステップへ行けない。プログラムがハングアップしているわけではない。戻ることは可能。さてさて、これは困った。C:\の中にUleadが関与するフォルダを探し回った。その結果、DVD MovieWriter 7 を削除し、regeditでUlead Systemsを削除した上で、
 7.C:\ProgramDataのUlead Systemsフォルダを削除
 8.C:\Program Files\Common Fileの中のUlead Systemsを削除

した上で、DVD MovieWriter 7 を再インストール。Updateパッチを施す。

この方法で、DVD MovieWriter 7 がやっとまともに使えるようになった。Corel社のサポートからも返事が返って来た。何と、当方から送ったJPGファイルだとエラーが発生する。従って、DVD MovieWriter 7 の返品に応じるとのこと。これが、サポートかと疑問を感じる。せっかく、ソフト開発部署で優れた製品を開発してもサポートがこのテイタラクでは、開発陣が気の毒である。

その後、システム構成を元に戻し、ウィルス対策ソフト(バンドル版ではないAvira)をインストールした。この条件でもDVD MovieWriter 7 はOKであった。約2時間の動画とスライドショーの混在Blu-ray動画を編集したところ約4時間半でBDMVのフォルダ出力が出来た。ImageBurnでISOファイルに変換した後、ImageBurnでBD-REに焼いた。無事PCとBlu-rayプレーヤーで再生出来た。他のバンドルソフトは使わないので競合の有無は確認しなかった。

追)動画あるいは写真フォルダ名にハイフン(半角英数字)が入っているとDVD MovieWriter 7 が強制終了する場合があります。アンダーバーであれば大丈夫です。


スポンサーサイト
2010.02.22 19:34|PC
スライドショーと動画をフルハイビジョン動画(BDMV)へ編集するために、DVD MovieWriter 6をバージョンアップすることになった。先日、候補のMovieWriter Ultimate 2010体験版がさんざんなソフトと判り、DVD MovieWriter 7を購入することに決めた。Corel社のサイトに行っても販売されていない。価格COMにも現在の販売店は掲載されていない。検索でやっとヨドバシCOMが見つかり、早速ダウンロード版を手に入れた。価格はバージョンアップ版で7,300円であった。

早速、Win7にアップグレードしたLavie PC-LL750TG6Bにインストールした。このPCには元々バンドル版のMovieWriter for NECがインストールされているので、コントロールパネルからアンインストールした。もちろんインストールされていたC:\Program Filesの中のCorelフォルダを削除した。7を開くと最初のLauncherは6とは別物であった。Blu-rayスライドショーディスク作成を選択し、次の画面に行くとほとんど6と同じ画面が出てきた。スライドショーにする画像フォルダを選び編集し、出力に行った。出力としてBlu-rayフォルダ作成を選択した。変換や音声の多重化作業が進み、いざフォルダへの書き込みと思った瞬間、「予期しないエラー」が出てきた。ここでストップである。DVD MovieWriter 6を使っても、これと全く同じ結果となることは、以前から確かめてある。

何回もアンインストールとインストールを繰り返してもエラーが出て使えない。早速NECサポートへTEL。他のソフトとの競合を避けるために、ウィルス対策ソフトの削除とシステム構成の変更を勧められた。実に的を射たサポートであり、TELにてシステム構成の変更手順を丁寧に説明された。
 1.検索画面で「msconfig」と入力。システム構成画面が出る。
 2.「Service」タグをチェック。MSサービスを全て隠すをチェックした上で、全て無効をチェック。
 3.「Start Up]タグを開き、全てを無効にし、次のものにチェックを入れる。
   1)Windows defend 2)Alps Pointing 3)NEC Keyboad 4)NPSeed
 4.再起動
この状態でDVD MovieWriter 7をインストールして立ち上げたが、エラー。お手上げだ。

運良くまだ5時前。Corel社のサポートにTEL。一発でつながる。状況を話すと、実に不誠実な受け答え。原因は、競合ソフトの問題か、写真ファイルの異常。結論として、写真ファイルを送付してくれとのこと。弊社でファイルを入力して異常がなければ競合ソフトがPC環境が悪いと結論付けると断定的な物言いである。ちょいと待ってくれ。NECの通常出回っているノートPCで異常環境っていうのがあり得るのかと聞く。それはあるとの返事。それは商品ではないと、こちらも興奮気味。元々DVD MovieWriter はUlead社が開発したものであり、その他多くの優れたソフトがある。それが、このサポートのテイタラク! Corel社傘下となりヘンチクリンに成り果ててしまったなと感じた。たいしたサポートではないと感じ、そのままTELを切る。ちなみにサポートは「Fuka****」と名乗った。

翌日からOSをLL-750TG本来のOSであるVistaへとリカバリーディスクを使いクリーンインストールを行った。その上でバンドルされているほとんどのソフトをアンインストールし、システム構成を上記の通り変更してDVD MovieWriter 7をインストール。しかし、エラー。3回クリーンインストールして、バンドルされているソフトのアンインストール方法などの条件を変えてみたが同じ結果であった。

まる2日間、あれこれと試験を行ったが同じエラーであった。2日目の夜、最後にCorel社のQ&Aに載っていたDVD MovieWriter 7の削除方法にのっとって、レジストリーをいじってみた。regeditで[HKEY_LOCAL_MACHINE] - [SOFTWARE] でUlead Systemsを削除。さらに [HKEY_CURRENT_USER] - [SOFTWARE] に残っていたUlead Systemsを削除。この作業の後、DVD MovieWriter 7を再インストールしたところ、Blu-rayスライドショーのBDMVの作成に成功。まる、2日間の作業が報われました。

まとめると(備忘録)
 1.システム構成の中の、1)ServiceのMSサービスを隠して、全て無効。2)StartUpの全てを無効。
 2.バンドルソフトを削除。
 3.バンドル MovieWriter for NECを削除し、Program Files中のCorelフォルダを削除。
 4.regedit で
  1)[HKEY_LOCAL_MACHINE] - [SOFTWARE]のUlead Systemsを削除
  2)[HKEY_CURRENT_USER] - [SOFTWARE]のUlead Systemsを削除
 5.DVD MovieWriter 7をインストール
 6.Updateパッチを当てる

課題は、どのソフトが競合するかだ。このままではPCは使えない。
 





2010.02.19 00:00|PC
私は、カメラやムービーを編集してアーカイブを作成している。この10年間以上の記録をDVDムービーとして編集しているが、我家にもBlu-ray環境がそろってきた。スライドショーもフルハイビジョンにしたいし、動画もそうしたい。これまでDVDへの編集はDVD MovieWriter 6で行ってきた。PCもWindows 7になったので、バージョンアップしたいと思っている。

早速、Corel社のサイトで調べると、次の3本が候補にのぼった。
 1.DVD MovieWriter 7
 2.MovieWriter Pro 2010
 3.MovieWriter Ultimate 2010

この中で機能が一番高いMovieWriter Ultimate 2010体験版を試用してみた。ダウンロードして立ち上げると、DVD MovieWriter 6とは全く異なる画面が出てくる。写真や動画が選ぶ画面は出て来ずに、いきなりこれらのファイルのサムネールを作成する作業に入る。HDDには膨大なファイルが格納されているので一部のサムネールで済ませた。写真と動画フォルダを選んで、ドロップすると編集できるようになる。作業フォルダやビットレートの設定は全く出来ません。流れに従い、メニュー画面を編集したのち、編集したBlu-ray動画の出力へ行く。出力はBlu-rayディスクへの直接書き込みのみで、Blu-rayフォルダの作成は出来ない。書き込みはすんなりと進行。作成したBDMVを再生して唖然とした!
 1.スライドショーがフルハイビジョンになっていない。多分720×480をアップスケール。
 2.動画もフルハイビジョンではない。おそらく、1280×720サイズ。
これでは、使い物にならない。少なくとも、スライドショーは1920×1080で、動画もフルハイビジョンまでのアップスケールがなされないとダメである。DVD MovieWriter 6でさえ、この機能はあるのだから。

以上、MovieWriter Ultimate 2010を試用してみて、以下の通り使い物にならないソフトだ。
 1.作業フォルダを選べない。
 2.ビットレートの設定が出来ない。
 3.スライドショーは解像度がフルハイビジョンでなく、かなり低い。
 4.動画は、読み込んだ動画ファイルの解像度のままで、アップスケールされない。




01 | 2010/02 | 03
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カレンダー

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

プロフィール

洋ネコのまるちゃん

Author:洋ネコのまるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。