--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.07.01 18:48|PC
  以前Midi音源の話題を取り上げたが、結論としてWindows7 (64bit)では、Virtual Sound Canvasは使えないという結論を出しました。ところが、Virtual Sound Canvas VST版は、64bitでも稼動するとの情報を得ました。


  早速、ストックしている昔のDTMソフトの中身を調べることにしました。すると、Internet Singer Song Writer 8.0 VS の中にVirtual Sound Canvas VST版が入っていました。Windows XP にインストールして、VSC.dllをコピーして任意のフォルダへ貼り付けた。このdllは、こちらよりダウンロード出来るように設定しました。



  Virtual Sound Canvas VST版の組み込みは、VST Midi Driverを使います。VST Midi Driver は、こちらよりダウンロードできます。ダウンロードしたDriverをインストールして実行します。まず、左側の「VST Settings」タグで「Load VSTi・・・」をクリックしてVirtual Sound Canvas VST版のdllファイルの場所を指定します。


イメージ295.jpg



  dllの場所を指定し終えて、右側の「Advanced」タグをクリックすると、新しく「VST MIDI Synth (Port A)」と「VST MIDI Synth (Port B)」が表示されますので、どちらかを指定します。



イメージ296.jpg



  ここでは、「VST MIDI Synth (Port A)」を選択。次に「Apply」をクリックすれば設定は完了です。 


イメージ297.jpg


  この方法で、Win7 (64bit)で、Virtual Sound Canvas と同じ音源を楽しむことが出来ます。





【追記】

  Win7をWin10にupgradeすると、VST Midi Driverの「Advancedタグ」が消えていて、表示されません。


a1.jpg



  理由はともあれ、これではVSTの種類を選択することが出来ません。VSTの特定は、「MIDIせれくたー」というアプリを使えば出来ますので、安心して下さい。


a2.jpg



  「MIDIせれくたー」は、ここから 入手できます。

  以上、追記でした。



【再追記】

  時々、何らかの影響でMIDI音が消える場合があります。そんな時は、MIDIセレクターで、VST MIDI Synth (PortA)と、VST MIDI Synth (PortB)が見えなくなっています(消えている)。そのような場合、黙ってVST Midi Driverを再インストールしましょう。既にインストールした分はアンインストールする必要はありません。そうすればMIDI音は回復します。

  以上、再追記でした。






スポンサーサイト
06 | 2015/07 | 08
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カレンダー

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

プロフィール

洋ネコのまるちゃん

Author:洋ネコのまるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。