2016.06.23 22:56|家庭菜園
  前回のブログより3週間経過しました。本日は、2016年6月23日です。夏至も過ぎ、これから日が短くなってゆきます。


  桃太郎トマトの状況です。今のところ病気もあまり入っていません。雨が少ないからでしょう。

00.jpg
                 【写真をクリックすると拡大します】




  良く見てみますと赤く熟した実が見えます。

01.jpg



  昨日と今日、大きなトマトが収穫できました。大きなものは、500gありました。

02.jpg



  旧姓、大型福寿の様子です。こちらも赤くなった実も見えます。

03.jpg



  ミニトマトの株も大きくなりました。

04.jpg



  トウモロコシは、穂が出てきました。収穫までは、これから1か月かかります。

05.jpg



  オクラも急に大きく生長しました。

06.jpg



  ジャガイモの収穫を終え、黒豆を定植しました。まだ定植を終えていない部分が残っています。

07.jpg



  ジャガイモのシンシアはまだ収穫を継続しているところです。今年のシンシアは異常な程、大きく生長していました。余りの豊作に疲れ気味です。

08.jpg



  黒豆は昨年凶作だったので、今年は力が入っています。下の写真は、2度目の種まきで発芽したところです。これを黒豆の畝へ移植しました。


09.jpg



  約半月前に定植した黒豆の様子です。

10.jpg



  カボチャの様子です。大暴れして、玉レタスを侵食してしまっています。
  
11.jpg



  里芋、京イモ、ナスです。ナスは例年通り葉っぱが枯れてきています。やはり、鶏糞が原因と思われます。来年は、鶏糞を使わない土づくりをしようと思います。

12.jpg



  ロマネスコです。やっと円錐状態のカリフラワーが見えてきました。

12a.jpg



    サツマイモです。左が安納芋、右が紅はるか。 随分と生長しました。

13.jpg



  ピーナッツの状況です。少し黄色い花が見られます。

14.jpg



  ラグビーボール・スイカです。多くの実が付いています。

15.jpg


  




スポンサーサイト
2016.06.23 10:25|家庭菜園
  アメリカデイゴとの出会いは、今から35年前、横浜だったのではないかと思う。マイカー通勤だったが、出張時にはバスで近くのJR駅まで混雑するバス路線を利用していた。いつしか、渋滞するバスの窓際から見える住宅街の庭に目を見張らせる赤い庭木が目に入りました。万年渋滞の退屈な時間でしたが、その花木を見るのが楽しみだった思い出を持っています。昨年まで、それが何の木か不明だったのです。
 

d0003725_13114938.jpg
                     【写真をクリックすると拡大します】


  35年前に出会ったアメリカデイゴは、我が人生の折々のイベントに現れては消えてゆきました。少しオーバーな言い方をしましたが、本当にそうなのです。鹿児島への出張時、湘南への職場旅行、東京ディズニーランド、上野公園、新宿御苑とちょっとした所で出会っていました。綺麗な花をつけ、元気で感じのいい木だなとずっと思い焦がれてきました。我が人生、「思い焦がれる物と人には逃げられる」とのジンクスも持っていますが、5年前に千葉県の松戸市の住宅街、茨城県の土浦市の住宅街で、それぞれ庭木として元気に育っているのを発見しました。


  松戸市のものは、思い出のアメリカデイゴと同一の花の色でした。ところが、土浦市の花の色は真っ赤で、あまり好みのものではありませんでした。それから、月日が経ち、叔母の介護の関係で千葉県御宿町へ頻繁に通うことになりました。昨年、御宿町の公園で偶然にもアメリカデイゴに出会いました。季節は10月だったと思います。早速、枝を採取して挿し木をしましたが、季節が悪く枯れてしまいました。


  そして、本年の6月、御宿で真っ赤なアメリカデイゴと再会しました。しかし、横浜のものや、思い出のアメリカデイゴとは花の色はいまいち異なっています。思い出のアメリカデイゴの花の色はオレンジとベージュの間の色で、穏やかな色合いでしたが。


  そんなことは後から熟考しようと、早速「鹿沼土細粒」へ挿し木しました。今回は、大木の付け根付近より新芽が沢山出ていたので、それを3本採取しました。下の写真が挿し木した様子です。


IMG_20160620_152439.jpg



  アメリカデイゴの枝を拡大してみると、枝の付け根付近に白い「根っこ」のようなものが既に出現しています。大きなトゲも持っているし、本当に生命力あふれた活力あふれる植物を感じさせます。

IMG_20160620_152456_BURST001_COVER.jpg

 




  さて、挿し木はうまくゆくでしょうか。うまく活着した時には、またレポートします。思い出の穏やかな花の色を持つアメリカデイゴの品種探索も続けてゆこうと思っています。



2016.06.05 22:38|家庭菜園
  そろそろ梅雨の時期に入りますが、このところカラっとした天気が続いています。2016年6月5日時点での菜園の様子をレポートします。


  トマトは順調に生育しています。すでに3段目の花が咲いています。下の写真は、マンモス・トマト(旧姓:大型福寿)です。

01.jpg
                         【写真は全てクリックすると拡大します】


  桃太郎トマトも3段目の花を終了しています。1段目の実はかなり大きくなっています。

02.jpg



  夏野菜の代表とも言えるキュウリは、初取りも終わり順調に収穫できています。株の高さも背丈を超えました。残念ながら、風によって1株が根元から折れてしまい、空席となりました。

  キュウリの形が例年と異なり、尻細となっているので、早速ホームセンターで追肥のための液肥を購入しました。選択したのは、ハイポネックスのA液とB液の2液のものです。さて、効果のほどはどうでしょうか。


03.jpg



  大玉のスイカ4株も順調に生育しています。主枝は、本来6から7葉で切断するのですが、すでに脇芽が多く出ましたので、敢えてそのまま残しています。ちょうど、主枝の雌花が結実した段階です。

04.jpg



  前方畝の右側が万願寺シシトウ、左側が、丸型ピーマンです。次の後方の畝は、通常のピーマンです。その後ろの畝は、ブロッコリーです。やっと花芽が付いたところです。

05.jpg



  こちらは、赤パプリカと黄パプリカ。少し実が見えます。赤パプリカの方が育て易く、黄パプリカは生育中に良く腐ってゆきます。

06.jpg



  シンシアの3畝です。前回の写真とあまり変わりません。花も落ち、そろそろ収穫時期です。

07.jpg



  アンデス(右)と男爵(左)です。こちらも、そろそろ収穫時期に入ります。

08.jpg



  サツマイモの3畝です。安納芋、左側2畝は順調に育っています。紅はるかは、やっと苗つるを採ることができたので、植え付けを完了しました。

09.jpg



  レタスです。こんなに育って、どうやって食べるのか???  ヤギでもないし!

10.jpg



  ナス:千両二号です。後方の寒冷紗で覆われている野菜はロマネスコです。大きな株になりましたが、肝心の円錐カリフラワーはまだ見えません。

11.jpg



  カボチャ:雪化粧は、いよいよ暴れだし始めました。例年、株が大きくなる割には、実がなりません。

12.jpg



  里芋です。手前の方には、京イモが4株入っています。

13.jpg



  ピーナッツもすくすくと生長しています。

14.jpg



  ラグビーボール・スイカも旺盛に生育しています。まだ玉は見えません。

15.jpg




05 | 2016/06 | 07
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

プロフィール

洋ネコのまるちゃん

Author:洋ネコのまるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス