スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活力をくれるアメリカデイゴの木。 人生の節目に現れる不思議な木です。

2016.06.23 10:25|家庭菜園
  アメリカデイゴとの出会いは、今から35年前、横浜だったのではないかと思う。マイカー通勤だったが、出張時にはバスで近くのJR駅まで混雑するバス路線を利用していた。いつしか、渋滞するバスの窓際から見える住宅街の庭に目を見張らせる赤い庭木が目に入りました。万年渋滞の退屈な時間でしたが、その花木を見るのが楽しみだった思い出を持っています。昨年まで、それが何の木か不明だったのです。
 

d0003725_13114938.jpg
                     【写真をクリックすると拡大します】


  35年前に出会ったアメリカデイゴは、我が人生の折々のイベントに現れては消えてゆきました。少しオーバーな言い方をしましたが、本当にそうなのです。鹿児島への出張時、湘南への職場旅行、東京ディズニーランド、上野公園、新宿御苑とちょっとした所で出会っていました。綺麗な花をつけ、元気で感じのいい木だなとずっと思い焦がれてきました。我が人生、「思い焦がれる物と人には逃げられる」とのジンクスも持っていますが、5年前に千葉県の松戸市の住宅街、茨城県の土浦市の住宅街で、それぞれ庭木として元気に育っているのを発見しました。


  松戸市のものは、思い出のアメリカデイゴと同一の花の色でした。ところが、土浦市の花の色は真っ赤で、あまり好みのものではありませんでした。それから、月日が経ち、叔母の介護の関係で千葉県御宿町へ頻繁に通うことになりました。昨年、御宿町の公園で偶然にもアメリカデイゴに出会いました。季節は10月だったと思います。早速、枝を採取して挿し木をしましたが、季節が悪く枯れてしまいました。


  そして、本年の6月、御宿で真っ赤なアメリカデイゴと再会しました。しかし、横浜のものや、思い出のアメリカデイゴとは花の色はいまいち異なっています。思い出のアメリカデイゴの花の色はオレンジとベージュの間の色で、穏やかな色合いでしたが。


  そんなことは後から熟考しようと、早速「鹿沼土細粒」へ挿し木しました。今回は、大木の付け根付近より新芽が沢山出ていたので、それを3本採取しました。下の写真が挿し木した様子です。


IMG_20160620_152439.jpg



  アメリカデイゴの枝を拡大してみると、枝の付け根付近に白い「根っこ」のようなものが既に出現しています。大きなトゲも持っているし、本当に生命力あふれた活力あふれる植物を感じさせます。

IMG_20160620_152456_BURST001_COVER.jpg

 




  さて、挿し木はうまくゆくでしょうか。うまく活着した時には、またレポートします。思い出の穏やかな花の色を持つアメリカデイゴの品種探索も続けてゆこうと思っています。



スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

プロフィール

洋ネコのまるちゃん

Author:洋ネコのまるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。