スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いちじくジャムを作ってみました。

2016.09.07 15:46|家庭菜園
  本年は、今までになくトマトが大豊作でした。例年6月ごろから病気が入り、7月から8月にかけて葉が黒ずんで枯れて行く病気です。今年は、そんな病気も皆無で、今でも収穫できています。

  最近、台風が連続して近くを通り、今では秋雨前線が停滞して雨の多い日が続いています。そのせいか、スーパーに並ぶ野菜の値段の高さには驚かされます。我が菜園では捨てるような小さなトマトが一個128円、ニガウリ一本178円、全くクレイジーである。日本の農業は完全にサラリーマン兼業農家を擁護する方向に傾いており、農業法人などを育成するJA改革はどこ吹く風状態です。これでは競争力ある日本農業が育つわけはありません。

  多雨のせいか、庭ではいちじくが大豊作です。果物の範疇に入るイチジクですが、いちじく●●●●とあるように、そんなに一度に沢山食べることは出来ません。

  下の写真は裏庭にあるイチジクです。実は赤く色付きます。

                                                                         【写真をクリックすると拡大します】


  下の写真は、おもての庭にあるイチジクです。小型の実ですが甘さが強い品種です。



  二つの品種のイチジクを集めて、計1.7㎏ありました。下の写真はその一部です。




  実を大まかにきざみ、これに砂糖を1.0㎏を加えました。沸騰してくると泡がアクと共に出てきますので、素早くアク取りをします。(アクは、すぐに本体と一体化するので、作業を素早くする必要があります)




  約40分間、かき混ぜながら水分を飛ばしてゆきます。下の写真は、その出来上がりの写真です。




  煮沸滅菌したビンに詰め、さらに煮沸滅菌して蓋をします。



  イチジクのペクチンの強さは、ブドウや柚子ほどではありませんが、イチゴなどよりは強いです。ですから、そんなに強く水を飛ばす必要性は無いように思います。味見してみましたが、イチジクの甘煮よりは、美味でした。




【付録】

  平日の夕方、阿見アウトレットに行ってみました。閑散としていて、散歩にうってつけです。







スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

プロフィール

洋ネコのまるちゃん

Author:洋ネコのまるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。