スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島原発より飛散した放射性物質にめげない家庭菜園の紹介

2011.05.02 00:00|家庭菜園
私の家庭菜園は福島第一原発から178km離れているにもかかわらず放射性物質が降り注いでいます。水素爆発を起こした時は浄水地の取水口で放射性ヨウ素131が基準値を超えた。現在の大気中の放射線量は0.10〜0.12μSvと正常値の2〜3倍の値を維持している。半減期が30年と長いセシウム137の影響だと考えられる。菜園の畑ではどのような物質として飛散、堆積しているのでしょうか。ウランが崩壊してヨウ素とセシウムを生成し、セシウムは水と直ちに反応して水酸化セシウムとなる。
  Cs + H2O → CsOH + 1/2 H2
水素爆発して飛散した水酸化セシウムを含む冷却水は、空気中の炭酸ガスと反応して炭酸セシウムとなると考えられます。
  2 CsOH + CO2 → Cs2CO3 + H2O
従って、土壌表面に堆積した放射性物質は炭酸セシウムである。この炭酸セシウムは容易に水に溶解する。しかし土壌の下部には浸透せず表面に残存するらしい。おそらく土のカオリンなどの成分に吸着された形になっているもの考えられます。ならば、畑を深く耕し、良くかき混ぜれば表面からの放射線は避けることが出来る。セシウムの野菜への移行性も吸着された形であれば少ないものと考えられる。

「放射性物質飛散で家庭菜園も終わりか」と思われましたが、時間が経過すると不思議なもので、自然と足が菜園へと向かうものです。しかし、改めて平穏な家庭菜園の楽しみをどん底までおとしめた東電、原子力安全委員会、原子力安全保安院の無責任さに抗議したい。特に、東電の清水社長の「この事故は想定外の天災」だと言わんばかりの反省の無さ、薄気味悪い笑みをたたえて喋る原子力安全保安院の西山氏は許せません。前置きが長くなりました。私の菜園を紹介します。

菜園は3箇所あります。
 A地(30坪)
菜園北

 B地(50坪)
菜園南

A地とB地の間には芝生が敷いてありますので、寝転んで昼寝も出来ます。木陰が無いのが残念です。


 E地(60坪)ジャガイモ、カボチャ専用菜園(小豆、落花生、黒豆も)
ジャガイモ1

現在は夏野菜の植え付けや、昨秋種まきや植え付けをした豆類や玉ねぎなどの生長で活気ある時期です。畝はおよそ3.5〜4.0mにしている。各畝に植え付けした野菜、生長している野菜を紹介します。尚、肥料はトマト、キュウリ以外は大粒の鶏糞と化成肥料(888)を使っています。粉末状の鶏糞は飛散するし、野菜にもあまり良くない気がします。

1.ニンニク
 昨年は玉ねぎやニンニクは病気が蔓延しましたが、今年は大丈夫。ニンニクの芽がおいしい。今年はたくさん食べられそうです。マルチ。肥料量:多め
ニンニク

2.玉ねぎ
 マルチをすると大きくなります。肥料は鶏糞と化成肥料。肥料量:多め
玉ねぎ

3.グリーンピース
 えんどう豆類の中で冬の寒さに一番強い。うぐいす豆を作るのが楽しみ。肥料量:少なめ
グリーンピース

4.さやエンドウ
 これまで絹さやを栽培していましたが、収穫が面倒。最近は大型の仏国莢を栽培しています。肥料量:少なめ
絹さや(仏国莢)

5.スナップえんどう
 さっと茹でて食べると最高。冬の寒さにかなり弱いので工夫が必要。肥料:少なめ
スナップえんどう

6.キャベツ
 蝶が卵を産むのを避けるため寒冷紗をかけています。肥料量:中
キャベツ2

7.ブロッコリー
 同じく寒冷紗の中です。肥料量:中
ブロッコリー2

8.そら豆
 そら豆の甘煮は母親の味がします。毎年2畝を作り甘煮を冷凍し、一年中味わっています。肥料量:少なめ
そら豆

9.パプリカ、シシトウ
 毎年病気にかかりうまく収穫できません。今年こそはと米ぬかぼかしを肥料に混ぜてみました。風除けの寒冷紗。マルチあり。肥料量:多め
パプリカ2

10.ピーマン
 マルチは効果大。風除けのため寒冷紗。肥料量:多め
ピーマン2

11.なす
 マルチ効果大。初期はビニールトンネル。肥料量:多め
なす

12.トマト
 マルチはしません。風除けのため寒冷紗。鶏糞を使うとなぜか病気が多発しますので化成肥料のみ。今年は米ぬかぼかしを混ぜました。桃太郎、大型福寿、中玉シンディーオレンジ、ミニ玉アイコなど。肥料量:少なめ
トマト2

13.キュウリ
 マルチあり。初期はビニールトンネルで育成。近年、病気にかかるようになりました。鶏糞を使わないと病気が少ない感じがしています。肥料:化成肥料のみ(今年は米ぬかぼかしも入れました)。肥料量:少なめ
キュウリ

14.ネギ
 昨日植え付けました。肥料量:中
ねぎ

15.白菜
 2月にポットに種を蒔きました。蝶よけの寒冷紗。マルチなし。肥料量:中
白菜2

16.葉もの(ほうれん草、青梗菜、小松菜、ルッコラ、春菊)
 2月末に種を蒔き、ビニールトンネルで保温。肥料量:少なめ
葉もの野菜

17.いちご
 昨年は雨が降らず、ランナーからの苗がほとんど全滅。今年は元気がありません。マルチあり。肥料量:多め
イチゴ

18.スイカ
 家庭菜園の最高の楽しみです。接木苗を購入して「ドーム」をかぶせて育成します。保温と湿度が絶妙でうまく生長します。つるのために80%遮光率のポリプロ布を敷きます。4から5節で元つるを切断して子つるを出させます。縞王とタヒチと種無しなどを混在させます。肥料量:多め
スイカ

19.ジャガイモ
 毎年、シンシア、男爵、アンデスを育てています。肥料は化成肥料のみ。量は少なめ。写真は昨年6月のもの。
ジャガイモ1

20.カボチャ
 いつも品種は「雪化粧」を作っています。甘さとうまみ、そして保存性抜群。他にも時々「栗坊」などをトライしていますが、うまくありません。肥料量:多め。写真は昨年6月のもの。
カボチャ

21.草置き場
 2011/3/11東日本大地震の日の午前中に親友の山本君がホームセンターで購入した金属網目の外塀を切断してくれました。3週間前に設置しましたが、風通しが良く草の乾燥が早くて具合が宜しいです。約1m四方です。
草置き場

以上が我が菜園の紹介です。何かアドバイスやコメントがありましたら宜しくお願いいたします。現在、トウモロコシやインゲンなどの種まきもしています。また追って紹介します。



スポンサーサイト

コメント:

がんばってますね

詳しく書いてありますねー

まるちゃんの写真が添付してあるとお孫さんが喜ぶと思います〜w(畑には興味なしでした)
非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

プロフィール

洋ネコのまるちゃん

Author:洋ネコのまるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。