スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノートPC LL750/TGのHDDを換装

2009.11.13 23:53|PC

ネットで発注していた500GBのSATA 2.5インチHDDが届いたので、早速LL750/TGへ換装することにした。元のHDDは320GBでC:領域に83GBもPartitionをとっており、データ領域として使用しているE:領域が197Gとかなり窮屈であるからだ。ご丁寧にもDtoD領域が20GBもあり、これもE:領域を狭くしている。再インストール用のRecoveryDVDは作成済みなのでDtoD領域も削除してしまうことも目的とした。

 クローン化は最初AcoronisのMigrateEasy7で試みた。AcronisのRecoveryCDを立ち上げると無事立ち上がった。ところが500GB HDDを認識させる段階でエラーが出現。7に対応していないことが判った。サポートサイドを調べたが何もなかった。そこでQosmioで成功して信頼感があるParagon Drive Backup 9 Proを使うことにした。まずSATA-USBケーブルでPCに接続した500G HDDをNTFSでFormatしたものをPCへ装着し、ParagonのRecoveryCDで立ち上げる。あらかじめ元HDDのPartitionを外付けUSB-HDDへバックアップしてあったArchiveファイルを復元した。Qosmioと違い、NECのノートPCはParagonのRecoveryCDでHDDを認識できた。不思議なことにRecovery-USBメモリーではBIOSをいじっても立ち上がらなかった。復元後、無事7が立ち上がった。

問題点がひとつあった。元が320GBであったので500Gへの復元後のPartitionはC:が110G、E:が240Gとなっており、C:領域が異常に大きくなっていた。Partitionを自由に変更するソフトをWebで探すと、FreeのソフトでEaseusのPartition Masterなるものが見つかった。7にも対応とあったので早速使ってみた。C:を50Gに設定して残りをE:領域とした。設定はマウスで簡単に出来る優れたソフトである。Partitionは簡単に変更出来た。起動もうまく行った。

 次はDtoD領域を削除可能かどうかをテストした。事前にParagonでバックアップを取っておき、コントロールパネルのコンピュータの管理でDtoD領域を削除した。Partition Masterを立ち上げ空白になった領域をE:領域に接合させ、ソフトを起動させると一瞬で完了。無事7が起動した。Partition Masterは優れたソフトである。




スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

プロフィール

洋ネコのまるちゃん

Author:洋ネコのまるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。