FC2ブログ

Windows7(64bit)PCのMIDI環境の整備。愛用のVCS3.2は使えず、Timidity++はウィルス・チェックではじかれ、Bassmidi System+SoundFontが本命か?

2012.10.26 07:27|PC
  家庭菜園は、秋冬野菜の植え付けなどが一通り終わりPCで遊ぶ時間が取れるようになりました。パソコンを購入した1980年代から親しんでいるMIDI音楽ですが、Win7、64bit機で思わぬ転機が訪れました。それは、MIDIのデバイスとして使っていたRoland Virtual Sound Canvas (vsc3.2)がWin7、64bit機では動作しないのです。では、OS付属のMicrosoft GS Wavetable Synthを使えばいいではないか、という選択肢もありますが、あまりに音質が悪いので最適のMIDIソフト音源探しの旅に出ました。

  最初の旅は、Win7(64bit)機で、vsc3.2と同じ音源を動かす旅です。ネットでvsc3.2はWin7(64bit)機でも動くとの記事もありましたが、どうやってもインストールの段階ではじかれてしまいます。次は、プラグインを利用してMIDIプレーヤーにVSTi(DXi)を組み込む方法です。DXi版のvsc3.2をインストールし、Cakewalk Music Creator 5にDXi版vsc3.2の組み込みを試みましたが、dllファイルが見つからず、うまくゆきませんした。どうもDXi版vsc3.2のインストールが失敗しているようです。ここで、vsc3.2を諦めることにしました。

  次の旅は、SoundFontを使う旅です。SoundFontをMIDIデバイスに組み込めば、良いMIDI音質が得られるとのことで、まずMIDIデバイス組み込みドライバー探しとなりました。最初に試みたのは、Timidity++です。これ自身はフリーウェアーですが、ダウンロードする時からウィルスチェックではじかれてしまいます。仕方がないのでウィルスチェック・ソフトをアンインストールして使ってみました。SoundFontの組み込みもMIDIプレーヤーもうまく稼動しましたが、ウィルスチェック・ソフトを再インストールすると、いろいろな不明ファイルがチェックされてきました。Tmidity++には、あきらかに何らかのファイルを生成する機能が埋め込まれているようで、Timidity++の使用は中止にしました。

  Timidity++に代わるSoundFont組み込みドライバーをウェブ検索したところ、Bassmidi driverに行き着きました。こちらよりダウンロードできます。少々わかりにくいですが、Download BASSMIDI Driverというところをクリックすればダウンロードが開始します。このBassmidi driverをインストールすると、インストール・フォルダ:BASSMIDI System Synth内にConfigure BASSMIDI Driver.exeがありますので、それを実行すればSoundFontを組み入れることが出来ます。

Bassmidi configure

                       BASSMIDI Configure 画面


  使いたいSoundFontを一番上に持ってゆき、ApplyをクリックすればOKです。Applyのクリックをお忘れなく!! MIDIプレーヤー上のMIDIデバイスの設定を開くと、BASSMIDIが表示されるので、それを選べばSoundFontで演奏されます。SoundFontは拡張子がsf2となっていて、BASSMIDIドライバーに組み入れると名前が変わるSoundFontもあります。SoundFontは、ネットで検索すれば、いくらでも入手出来ます。

  では、私が入手したSoundFontを、Vsc3.2、Microsoft GS Wavetable synthやTTS-1と聞き比べて見ましょう。クリックするとYouTubeでの演奏映像が出ます。BASSMIDI Driverは、Win7(64bit)でも動作します。


       1.Roland Virtual Sound Canvas (vsc.3.2)

       2.SoundFont A320U.sf2

       3.SoundFont FluidR.3_GM.sf2

       4.SoundFont Scc1t2.sf2

       5.SoundFont SYNTHGMS.sf2

       6.SoundFont TimGM6mb.sf2

       7.Microsoft GS Wavetable synth

       8.Midi Synth DXi: Cakewalk TTS-1

       9.SounFont  SGM-180 v1.5.sf2



  MIDIデバイスやSoundFontの音色の感じ方は、個人差があると思いますが、敢えて私の感想を下図にまとめてみました。

SoftSynth3
               MIDIドライバー、SoundFontの音色の感想


  Win7(64bit)機で動作しないものは、vsc3.2のみである。vsc3.2に最も近い音色は、TTS-1ですが、通常のMIDIプレーヤーでは使えません。64bit用に選ぶとすれば、ドラムの音色も良く、バランスの取れたFluidR.3_GM.sf2、TimGM6mb.sf2、SGM-180 v1.5.sf2 と思います。FluidR.3_GM.sf2やSGM-180 v1.5.sf2は、容量の大きいSoundFontなので、BASSMIDIドライバーで組み込んで演奏すると音切れが起こる場合がありますが、しばらく演奏していると音切れはなくなってゆきます。



【追記】

  その後、よりベターなSoundFontを探していたら、FluidR3_GS.sf2 というSoundFontが見つかりました。同じFluidR3ながらGeneral Midi (GM)は先に見つかっていましたが、GMをさらに拡張したGeneral Standard (GS)フォントが見つかったのは本当に良かった。このSoundFontでの演奏も以下をクリックすれば聞くことができます。


       10.SoundFont FluidR3_GS.sf2


  このSoundFontは、音色もvsc3.2に最も近く、容量も3MBと小さく一番お勧めのSoundFontと言えます。



 

スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

10 | 2018/11 | 12
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

プロフィール

洋ネコのまるちゃん

Author:洋ネコのまるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス