スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows7 64ビット機で、MIDI音源の王様であるRoland VSC 3.2を稼動させる方法が見つかりました。

2014.04.19 16:50|PC

  理研のSTAP細胞事件が忘れ去られようとしている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしようか。いつものようにネットサーフィンをしている時、偶然にもWindows7の64ビット機で昔ながらのMIDIソフトを動かすというブログに接しました。

  それは、仮想PCを使う方法です。仮想PCとして、Oracle VM VirtualBoxを使用していました。ブログ名は、「Niisanの波乱万丈記・・・・」。

                 http://niisan.blog.shinobi.jp/Entry/126/

 

  VirtualBoxにWindows2000をインストールして、VSC88を動かす方法でした。早速、VirtualBoxをWindows7(64bit)機に導入しました。導入方法は、上記のNiisanの波乱万丈記を参照して下さい。



VirtualBox.jpg

                        VirtualBox画面



  最初は、VirtualBoxにOSとしてWindows2000をインストールしましたが、Roland VSC3.2がうまく動きませんでしたので、Windows XPをインストールしました。さらに、Roland VSC 3.2やSinger SongWriter 5.0やKbmPlayerなど、MIDIでは定番のソフトをXPへインストールしました。その画面が下の画面です。

2014-04-21_213302.jpg

                  VirtualBox上のWindows XP



  通常はKbmPlayerを使用しているので、Midiデバイスの設定でRoland VSCを選択しました。その画面が下の図です。

image06.jpg

 

               KbmPlayerでのMidiデバイス設定画面


  KbmPlayerでの演奏画面が下図です。懐かしいですね。

image05.jpg

                  KbmPlayerでの演奏画面


  Roland VSC 3.2での演奏画面は次の通りです。

image20.jpg

                    VSC 3.2でのPlay画面


  大昔、多用したSinger SongWriterでの演奏風景は下記の図です。これも懐かしいですね。音源をRoland VSC32に指定すれば心地良いMIDI音楽が楽しめます。

2014-04-21_172519.jpg                                 Singer SongWriter 5.0VSの画面



   Oracle VM VirtualBoxは非常に使いやすく、母艦とは異なるOSを導入しているにもかかわらず、母艦内でソフトを動かしている感覚で使えます。過去、Roland VSC 32を64ビット機に導入するために、あれやこれやと苦労したのが嘘みたいです。やはり、MIDIはVSC32音源に限ります。

 

   至福の思いで、MIDI音楽を楽しめるようになって、 余は満足じゃ!

 





スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

プロフィール

洋ネコのまるちゃん

Author:洋ネコのまるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。